お酒対策サプリに含まれるオルニチン|副作用はないの?

お酒に強くなる対策サプリメントとしてよく見かけるオルニチンですが、摂取しても平気なのかな、といったことは考えたことがありませんか。副作用が出てしまうこともありえるのではないか、と思っている方も多いはずです。お酒に強くなる事が出来ても、副作用が出てしまっては元も子もないですよね。

こちらではオルニチンの危険性に迫ります。安全性は高いのでしょうか。それとも危険性があるものなのでしょうか。

・安全性が極めて高いオルニチン

基本的に、オルニチンを毎日摂取しても問題ない、とされています。サプリメントで摂取しても欲に大きな問題が発生する心配はないのです。

実は、オルニチンはもともと人の体内にある成分お一つです。その一つの成分を大概から取り込んでいるにすぎないので、身体が拒否反応を起こしてしまう、といったことも考えられません。

必須アミノ酸であれば、体内ではないので体外から摂取しなければなりません。一方で、位置に当たりの摂取量の制限といったものが設けられているケースが多いのです。しかし、オルニチンに関しては体内でもある程度は生成できるので、特に摂取量の制限といったものも設けられていません。ある程度多めに摂取しても問題ない、とされています。

・食品から摂取したほうが良いのではないか?

確かに、しじみなどに多く含まれている成分なので、しじみを食べて身体に補給する、といった考え方がないわけではありません。しかし、しじみを100グラムも食べたとしても15ミリグラムしか摂取できません。1,000ミリグラム以上は摂取したほうが良いとされているので、いくら位しじみを食べても追いつきません。大量摂取が極めて難しいのです。

だからこそ、サプリメントでオルニチンは摂取すべきなのです。お酒に強くなるアルコール対策用のサプリメントに含まれているケースが多いのですが、アルコール対策だけではなく、日々の健康のために摂取する、といったことも考えておきましょう。

・オルニチンの過剰摂取には気をつけよう

オルニチンに関しては、大量に摂取してしまうのは避けるべきです。確かに、重篤な副作用報告はありません。だからといって、いくらでも摂取して良い、とはならないのです。

サプリメントの過剰摂取を行うと、錠剤を一気に胃や腸の中に入れることになります。胃や腸が荒れるような状況になりかねません。胃痛や下痢の原因になってしまうこともあるので、サプリメントの決められた摂取量を必ず守ってくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ