ブラック企業の見分け方

自分の勤めている会社がブラック企業だと分かったら、仕事を辞めたいと思うのは自然だと思います。
ブラック企業に勤めていても、得るものはありませんし、仕事を辞めたいという気持ちに従って、なるべく早く、転職するほうが良いでしょう。

詳しく言うと、ブラック企業は3つの種類に分類されます。

・使い捨て型ブラック企業
・選別型ブラック企業
・無秩序型ブラック企業

です。

どのブラック企業でも、離職率が異様に高いのが特徴です。職場環境が悪いのですから、当然と言えば当然です。
なので、ブラック企業を見分ける方法も、離職率を見れば、大体は分かります。

目安として、入社して3年の間に離職する割合が50%を超える会社はブラック企業だと言って過言ではないでしょう。

入社して3年以内に半数以上の方が、退職しているのですから、異常な状態です。

その為、大勢の退職者を補うために、年中大量に採用しているのもブラック企業の特徴です。

仕事を探している方からすれば、多く採用してくれる会社はありがたいと言えますが、入ってみたらブラックだったとなると、目も当てられません。

就職・転職する際には離職率に注目して就職先を探しましょう。

先ほど、入社して50%を超える企業はブラック企業だと言いましたが、もう少し細かく言うと、30%を超えるとブラック企業である確率が高いです。

離職する方は、せっかく入社した会社を辞めるのですから、よっぽどの事があるはずなのです。

やっと就職・転職出来た企業がブラック企業だった。。。と言うことが無い様に気をつけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ